実際の体験談をご紹介

退職後の生活費を即日融資で乗り切った話(男性/20代)

男性/20代

私はIT業界で3年間ほど働いていたのですが、先日務めていた会社から転職しました。

しかし、それが失敗でした。転職先の企業がとんでもないブラック企業だったのです。。
スケジュールがめちゃくちゃで、毎日終電まで残業して仕事をする内に半年でうつ病になってしまいました。

すぐにまた転職活動を始め、次の職場を決めてから退職届を出したのですが、もちろん退職金なんてありません

貯金もなく、次の職場での給料が入るまでの生活費に困りました。
早くお金をなんとかしなければ、数日後にご飯を食べることもできなくなってしまう状態でした。

そして、ネットで金策方法を調べた私がたどり着いたのが、消費者金融での即日融資でした。

様々な消費者金融がありましたが、CMなどで有名なプロミスを利用しました。
申込みは簡単で、インターネットからすぐに手続きをすることができました。

住所や電話番号などの個人情報や他の消費者金融を利用したことはないか、いくら融資してほしいかなどを記入しました。

審査はとてもスピーディで、翌日には連絡が来ました
話を聞いたところ、午前中などの時間帯で申し込みをすれば、もっと早くその日の内に連絡をくれるのだそうです。

金融業者というと取り立てなどで怖いイメージがあったのですが、電話の担当者はとても丁寧な対応をしてくれました。
契約内容などの確認を一つ一つ行っていくと、職場に在籍確認の電話をする旨を伝えられました。

少し心配だったのですが、消費者金融と分からないように連絡してくれるとのことで安心しました。

そして、確認はすぐに終わりました。無事、審査に通った私の口座にはその後、すぐにお金が振り込まれました。
しかも、私の場合は初めての借入ということで、30日間無利息で借りることができたのです。

おかげで、返済した時にはほとんど利息はかかりませんでした。

当初は借金という言葉が重く、お金を借りるのをためらっていたのですが、終わってみれば呆気なく、本当に助かりました。

もちろん貯蓄はある方がいいですが、人生そう上手くいかないことの方が多いです。
今後も何か急にお金が必要になった時には、利用したいと思います。

数あるカードローンの中でも、融資スピードが早くて口コミ評価の高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. SMBCモビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

  3. アコム

    返済日の自由設定で30日間無利息、クレジット機能が付いたカードを選ぶことができる

その他の体験談

今すぐお金を用意したい!キャッシングで即日融資はできる?

「給料日まであと少しなのに、飲み会が入った。」「どうしても今、欲しいものができた。」という時、ありますよね。

実はキャッシングを利用すれば、その日のうちにお金を用意することができます。

では、どうすれば即日融資を受けられるのかについて、様々なポイントを紹介していきます。

キャッシングを利用する流れ

急にお金が必要になった時、大きな助けとなってくれるのが「キャッシング」です。

キャッシングとは、クレジットカードやカードローンを利用して、お金を借りることができるサービスです。
指定した口座にお金を振り込んでもらったり、コンビニのATMなどから引き出したりすることができます。

クレジットカードを持っている場合はキャッシング機能が付いていれば、すぐにお金を借りることもできます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは金利が高いため、すぐに返済できる予定がない限りは止めたほうが良いでしょう。
一方、カードローンであれば金利も低く、申し込んだその日にお金を借りられるところもあります。

カードローンに申し込むと返済能力などをチェックする審査を受け、それを通過できた人のみが利用を認められます。

一般的には申し込みからキャッシングを利用できるようになるまで、1週間ほどかかることが多いのですが、
中には申し込みから数時間で利用できるカードローンもあります。

金利が低く即日融資も可能となれば、カードローンを使わない手はありません。

カードローンは銀行や消費者金融など様々な金融業者が取り扱っているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

重視するのは審査にかかる時間

即日融資を受けるためには、何よりも審査のスピードが早いことが重要となります。

審査に時間がかかればかかるほど、お金を借りるまでの時間が長くなってしまいます。
カードローンは取り扱っている金融業者ごとに審査基準や内容が異なるため、審査にかかる時間が短い金融業者を選ぶことが大切です。

30分程度で審査を終えられるカードローンもいくつかあるので、審査の早さに定評のあるところを探してみましょう。

ただし、仮に最短30分と謳っていても、実際に全ての申込者が30分で即日融資を受けられるとは限りません。
あくまでも、審査がスムーズに進んだ場合の最短時間だと理解しておきましょう。

安定した収入がある人や正社員として長く勤務している人、過去に他のキャッシングや
クレジットカードなどを滞納していない人などは、比較的早く審査が終わる可能性があります。

また、借り入れの希望額はできるだけ少なくしておいたほうが、審査が早く進みやすいです。

申し込みはできるだけ朝一番に!

キャッシングを利用する場合、金融業者の営業時間にも気を配らなければなりません。

審査や振り込みの処理を行っているのは金融業者の担当者であり、基本的には会社の営業時間内しか仕事をしてくれません。

営業時間が終了するギリギリの時間に申し込むと、作業する時間が十分に取れないため、
お金を借りられるのが翌日以降にずれ込んでしまうことがあります。

また、ATMで引き出すのではなく振込でお金を借りる場合は、遅くとも平日の14時までに必要な手続きを全て終えなければなりません。

15時で業務を終了する金融機関が多いため、余裕をもって14時には審査や振込先の登録などを終わらせておきましょう。
中には特定の金融機関口座を持っている場合に限り、14時以降でも即日融資に対応してくれる金融業者もあります。

ただ、申し込み時間によっては確実に即日融資できる保障はないため、できるだけ朝一番に申し込みを済ませておいた方が安心です。

土日や祝日に即日融資してもらいたい場合は?

金融業者は基本的に平日しか営業していないところが多いです。

振り込みでお金を借りる場合も、土日や祝日は振り込み手続きに対応していないため、
審査が終わっても肝心のお金が受け取れない可能性もあります。

このため、土日や祝日にどうしてもお金が必要になった場合は、自動契約機を持つ金融業者を利用しましょう。

自動契約機はATMのような機械で、申し込みからお金の受取まで全てを行うことができます。
自動契約機であれば休日も稼働していることが多いので、即日融資を受けられる可能性があります。

ただ、24時間稼働しているわけではないので、営業時間には注意しておきましょう。

また、金融業者によってはウェブサイトから24時間申し込みを受け付けていたり、土日に対応しているところもあります。
平日に申し込むより選択肢は狭くなりますが、どうしても急いでお金を借りたい場合は検討してみましょう。

ただし、土日に自分の勤務先が休みになっている場合は注意が必要です。

審査では申込者が確実に会社に勤務しているかを確認するため、「在籍確認」という作業が行われます
審査担当者が会社に電話をかけ、申込者が働いているかをさりげなく確認するのですが、会社が休みだとこの在籍確認が行えないのです。

これでは審査が終わらないため、即日融資が難しくなります。

このような場合は、在籍確認なしでも借りられる程度の少額融資を希望したり、
社員証の提出など書類確認で対応してくれたりする金融業者を利用しましょう。

即日融資が可能なカードローンを探しておこう

全ての金融業者が即日融資に対応しているわけではありませんが、しっかり探せば即日融資をしてもらえるカードローンはあります。

大切なのはいざというときに焦らないよう、前もって即日融資可能なカードローンを探しておくことです。

将来的にカードローンを利用するかもと思っているなら、いざお金が必要になってから慌てるより、
余裕があるときに申し込んでおいた方が安心です。

銀行系や流通系、信販系に消費者金融系とタイプごとに様々な金融業者があるため、
金利や融資可能額なども含めてじっくり検討しておきましょう。

即日融資を利用してピンチを乗り切ろう!

即日融資を受けるためには、まずキャッシングをどのように利用するのか、流れを知っておくことが大切です。

一連の流れをスムーズにすることが即日融資を成功させるコツなので、
審査にかかる時間や申し込み時間にも気を配ってカードローンを選びましょう。

計画的に利用すれば非常に頼りになりますので、いざという時は即日融資を利用してピンチを乗り切ってください。

オススメは30日間無利息サービスが付いていて、最短1時間で融資可能なプロミスですね。