このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. 人気の即日融資カードローンをランキング
  3. よくある質問

実際の体験談をご紹介

車の修理代を即日融資して貰えました。(男性/20代)

男性/20代

運転中にうっかりと車をぶつけてしまい、壊れてしまいました。

車両保険には入っていたのですが、修理費が9万円で免責が10万円で自己負担になってしまいました。
しかも運悪くその月は出費が多く、給料日の5日前ということもあってお金が足りませんでした。

車社会の田舎では車がないと不便です。

バスで通勤するとなると時間がかかるだけではなく、最寄りのバス停から20~30分も歩かないといけないのです。
とにかく早く車を修理したかったので、お金を借りることにしました。

とはいえ、金利が高いところは返せるか不安があるし、できるだけ安全に借りたいと思い、まず口コミから調べました。

それからよく名前を聞く大手消費者金融のホームページをいくつか見ました。
ほとんどのところはクレジットカードと同じ金利でした。

しかし、無利息期間があり、ネットで手続きを完了すれば即日融資可能というキャッシング会社を見つけました。

ちょうど指定の銀行口座も持っていたし、何より24時間すぐに振り込みが可能という点に惹かれました。
受付時間を過ぎても店頭ATMなら即日融資が可能という消費者金融は多かったのですが、車が壊れていて行けなかったので。

申し込みの20分後に電話で希望融資額を確認と、本人確認書類の画像を送るようにと案内がありました。

スマホで写真を撮って送った数分後に審査通過の電話連絡があったのは、早すぎて驚きました。
すぐにお金を振り込んで貰い、希望額の10万円が口座に振り込まれました。

記入する時間を含めて1時間足らずでお金を借りられるとは……。

振込や返済の手数料も無料で金利もかからなかったので、クレジットカードで借りるよりもお得に感じました。
おかげさまで車の修理費も支払えて、無利息期間以内にちゃんと返せて安心しました。

限られた時間の中でもちゃんと比較してみて良かったです。

人気の即日融資カードローンのランキングはこちら

衝動買いでピンチに……銀行カードローン初体験。(女性/30代)

女性/30代

専業主婦です。夫の希望もあり家事と子供の教育に専念するために働いていません。

子供は1人で夫も私も元々そんなに浪費しないので、家計は苦しくありませんでした。
ただ、たまに友人に会うことがあります。パートで働いている友人は流行のアクセサリーやバッグを持っています。

「いいなあ」と思いながらも、無駄使いはダメだと自分に言い聞かせていました。

しかしある日、ふらりと寄ったお店で前から気になっていたネックレスを見つけてしまったんです。
大人気のブランド物で友人達はまだ誰も持っていません。

「これを買ったら、みんな羨ましがるだろうなあ」と思った瞬間、私の中でタガが外れました。

生活費の4万円でネックレスを衝動買いしてしまったのです。
買った直後は爽快感もあって満足していた私ですが、給料日目前には家計が苦しくなって後悔しました。

夫に明かしたら喧嘩は避けられません。慌ててお金を借りる方法を探しました。

けど消費者金融だと夫の同意書がいると言われました。
個人で借りられる匿名掲示板もありましたが、何かあったら怖いので他に手段がないか探しました。

キャッシングの記事を読んで、銀行カードローンというものがあるのを知ったのはそのときです。

専業主婦でも夫の承諾なしで借りられて、おまけに郵送物が届かないようにできています。
夫にバレないように借りたい私にピッタリな条件です。

さっそくカードローンに申し込むと、30分くらいで審査に通過したと連絡がありました。

銀行に行って、カードを発行すれば即日融資を受けられるし、夫にバレる心配もなさそうでなのでそちらを選びました。
借りた金額は無駄づかいした4万円。毎月の返済額は3000円くらい。私の小遣いと節約で支払っていける金額です。

夫にバレずに済んでホッとしましたが、もう衝動買いをしないように今は気をつけています。

焦りすぎて即日融資を受けられませんでした。(男性/40代)

男性/40代

妻と子供2人の4人家族です。勤め先の給料が下がってしまい、ボーナスもかなり削られてしまいました。

普段から妻がパートで働いているものの、10万円以上足りないという状況。
車のローン、家賃の支払いですぐにでもお金が必要でした。

早朝、ネットで最短30分審査や即日融資をうたっている消費者金融を見つけ、
今なら間に合うと思って申し込みました。

名前だけなら知っている大手だし、大丈夫と思ったからです。

しかし、朝7時より前に申し込んだのに、昼になっても連絡がありません。
昼休み中にネットでキャッシングできるだろうと考えていただけに、一気に不安になりました。

電話で問い合わせてみると、混雑中で審査が遅れていると告げられました。

14時前に審査結果の連絡があったようで、仕事が終わって電話をかけました。
ですが、審査に通過したと聞いて安心したのもつかのま。

「受付時間外だから振り込みは翌日になる」と言われてしまいました。

店舗にも行きましたが、営業時間が終わっていて間に合わず。幸い家賃の支払いを待って貰えて、翌日なんとか支払えました。
ピンチを脱して安心するのと同時にどっと疲れました。

それからキャッシングについて調べてみて、失敗の理由が分かりました。

スピード審査をうたっていても混雑すると時間がかかること、
当日振り込みは受け付け時間が設定されている金融機関もあると。

金利くらいしか私は見てませんでした。そして、色々と調べて1番の失敗に気づきました。

他の消費者金融なら、申し込みから振り込みまでWeb完結で24時間対応で即振り込み可能だったようなのです。

私は焦りすぎて、条件をよく読まずに適当に申し込んでしまった結果、即日融資が受けられませんでした。
焦っているときこそいったん冷静になるべきだということが、今回の失敗でよく分かりました。

人気の即日融資カードローンをランキング

数あるカードローンの中でも、融資スピードが早くて口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

なお、三菱東京UFJ銀行は総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. 三菱東京UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  3. モビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

即日融資とは何ですか?

申し込みを行った当日中に融資をしてくれる、ローンまたはキャッシングのことです。

一般的な融資だと個人向けや法人向けを問わず、厳しい審査が行われるので、
申し込みから融資開始までかなりの日数がかかることがあります。

逆に、即日融資は一般的な融資に比べて審査にかかる時間が短いことが特徴です。

ただし審査が甘いというわけではないので気をつけてください。
即日融資の種類には銀行が融資する銀行カードローンと、消費者金融の融資の2種類に大きく分けられます。

銀行と消費者金融のカードローンの違いは何ですか?

大きな違いとして、貸金業法で定められた総量規制の対象かそうでないかがあげられます。

消費者金融には貸金業法が適用されますが、銀行には銀行法が適用されるので対象外になっています。
他の違いとしては、銀行の方が金利が低くなる傾向があることがあげられます。

銀行に対する信頼度は一般的にも高く、違法な高金利や取り立てに心配することもなく利用できるという面もあります。

消費者金融でも長年の実績があり、知名度が高い大手消費者金融も信頼度が高いと言えるでしょう。

また、消費者金融の中には銀行の傘下で経営する銀行系と呼ばれるところもあり、
知名度の高い消費者金融の名が多く見られます。

即日融資を受ける方法にはどんなものがありますか?

自動契約機で全ての手続きをする、電話やメールやインターネット経由で申し込んで来店せずに契約するといった方法があります。

前者の場合は最短1時間未満で手続きが完了し、営業時間内であれば即日融資を受けやすい方法です。
後者は来店の必要がないので周囲の目を気にしなくて済みます。

Web完結やWeb申し込みは24時間受け付けてくれるので、気軽に申し込みができるというメリットもあります。

ただし即日融資を受けるには、受付時間や契約方法などの条件があるので確認してから申し込みをしましょう。

そして、消費者金融は即日融資をうたっているところが多いですが、
銀行カードローンは即日融資を受けられるところが限られるので注意してください。

即日融資を受ける際、どんな書類を提出する必要がありますか?

まずどこの金融機関を利用しても必要になるのが、本人確認書類と呼ばれるものです。

本人確認書類には運転免許証、パスポート、健康保険証などがあります。
それと一定の金額内までは必要がないところが多いのですが、収入証明書が必要となる場合もあります。

これは給与明細や源泉徴収票、住民税決定通知書などが当てはまります。

個人事業主であれば、確定申告書や納税証明書といった年収を証明できる書類が収入証明書となります。
必ず最新のものを用意しましょう。

提出書類が欠けてしまうと即日融資が受けられなくなるので、各金融機関にあらかじめ確認してください。

初めてのキャッシングで30万円以上借りることは可能ですか?

ほとんどの金融機関の初回限度額は、10~20万円程度です。

初めて利用する金融機関では支払い実績も信用もないので、限度額が低めに設定されています。
返済期日を守り、実績を重ねていくことで限度額が上がっていくという仕組みです。

ただし他社からの借入れがある場合は、総量規制額を上回る融資は受けられません。

専業主婦の場合は上限が30万円までのところが多く、上限が上がらないところがほとんどです。
学生の場合は原則50万円が限度額です。こちらも専業主婦と同じく、上限が上がることはほぼありません。

専業主婦でも即日融資を受けられますか?

銀行にもよりますが、銀行カードローンなら可能な場合があります。

消費者金融の場合は総量規制により、配偶者貸付制度を利用しなければ借りることができません。
配偶者の同意書、住民票や戸籍謄本、配偶者の収入証明書などを提出しないと利用できず、審査に時間がかかることがあります。

そして、配偶者貸付制度を利用できる消費者金融の数は多いとは言えません。

しかし、銀行カードローンは総量規制対象外なので、銀行によっては即日融資が可能です。
契約の方法や銀行によって即日融資ができる条件が異なるので、各銀行の公式ホームページや資料を確認してみてください。

また、カードの受け取り方が郵送の場合だと、利用開始まで1~2週間かかることも注意してください。

即日融資を受けるときに気をつけることは何ですか?

金利、即日融資を受けるための条件、審査スピードなどに注意しましょう。

即日融資やスピーディな審査をうたっている消費者金融の中には、実はかなりの高金利なところもあります。
金利はかならず確認してください。

そして、即日融資を受けるためには受付時間内に手続きを完了させる必要があったり、
指定銀行の口座を開設やWeb完結の場合など条件が限られてきます。

即日融資は一般的に受付時間が14時までです。余裕を持って午前中に手続きを完了させることが好ましいでしょう。

契約の方法も注意するべき点です。もしカードの発行を郵送で受け取ってしまうと、
1~2週間かかってしまうので急いでいるなら無人契約機やインターネットでの申し込みがおすすめです。

事前に必要となる本人確認書類や収入証明書の準備も忘れないようにしてください。

即日融資を受けるために、審査で有利となる条件はありますか?

100%有利になるとはいきませんが、いくつかあります。まず安定した収入があることです。

安定しているということは、勤続年数が長いことを意味しています。
最低でも半年~1年以上同じところで働いていると信用を得やすいでしょう。

居住年数も同じです。同じ物件に住んでいる年数が長いほど信用されます。

長く同じ場所に居住しているということは、それだけ生活が安定していると見なされやすくなります。
その他に、他社からの借り入れ件数が少ないことと、借り入れがある場合は総量規制を超えていないかどうかも重要です。

総量規制を超えている場合は融資が受けられません。そして最後に信用情報に金融事故の記録がないことです。

過去に支払いがいちじるしく滞っている、債務整理、短期間に複数の申し込み履歴があると
場合によっては5年以上、金融機関からの融資が受けられなくなります。

有料になりますが、信用情報は信用情報機関に情報開示を求めることで確認することができます。

在籍確認、電話連絡なしで即日融資を受けることはできますか?

金融機関によります。カードローン、キャッシングの審査では必ず在籍確認が行われます。

しかし、人によっては勤務先に電話連絡をして欲しくない、
土日祝日や夜間に申し込んでいて在籍確認ができない状況になることもあります。

それでも即日融資を受けたい場合は、職場への在籍確認や電話連絡なしで借りられる金融機関を選びましょう。

銀行カードローンの場合は難しいですが、消費者金融の一部は対応してくれます。
申し込み後に電話連絡で在籍確認の電話について要望があることを伝えてください。

在籍確認の電話連絡が不要の消費者金融なら、勤務先に在籍していることが分かる健康保険証や
給与明細などを提出することで在籍確認の代わりとなります。

ただし、国民健康保険では勤務先が分からないのでこうしたサービスは利用できません。

家族に内緒にしたいのですが、郵送物なしで即日融資を受けられますか?

基本的に店頭の無人契約機やWeb完結の契約方法であれば可能です。

無人契約機での契約については一部の銀行カードローンではできないので気をつけましょう。
Web完結式であればカードレスで利用できるので便利です。

銀行カードローンなら融資を受ける銀行の普通預金口座とキャッシュカードがあれば、
手持ちのキャッシュカードでローン機能が使えるようになります。

家族にバレる心配もありません。ただし、気をつけないといけないのが返済の滞納です。

指定期日を過ぎても返済がされず延滞の状態が続くと、督促の手紙が届いてしまいます。
毎月の返済は滞りなく行いましょう。

借り入れ方法にはどんなものがありますか?

自社ATMや提携ATMでの現金受け取り、
インターネットで振り込み、電話やメールでの振り込み予約といった方法があります。

自社ATMの手数料は無料になっているところが多いです。

全国の提携ATMの手数料が無料だったり、夜でも手数料無料な金融機関もあります。
振り込みでの受け取りについては受付時間を過ぎてしまうと、振り込みが翌営業日になってしまう場合があります。

金融機関によっては、指定銀行の口座で24時間即振り込みが可能なサービスを提供しています。

即日審査可能と書かれていたのに、振り込みが翌営業日になりました。なぜですか?

即日審査可能=即日融資ではありません。当日中に審査結果を伝えることができるという意味です。

この場合は振り込み自体は翌営業日になる可能性があります。

もし即日融資可能と書かれていた場合でも、受付時間内に契約を終えて
借り入れの手続きを終えられなければ、翌日以降に振り込まれるなんてことは珍しくありません。

場合によっては最短○分で審査可能と最短1時間で融資可能の両方が
記載されていることもありますが、混同しないように気をつけてください。

最短はあくまでも目安で混雑時には審査に数時間かかる場合もあるので注意してください。

無職でも即日融資を受けることはできますか?

自力では難しいです。何故ならほとんどの金融機関は融資の条件として、安定した収入があることを定めているからです。

収入がなければ即日融資以前に普通の融資を受けることも、かなり難しくなります。

消費者金融の中には無職や金融事故でブラックリスト入りした人にも即日融資するというところがありますが、
金利が法外的に高い、いわゆる闇金である可能性が大きいのでトラブル回避のためにもおすすめはしません。

一番良いのはアルバイトでも個人事業主でもいいので無職ではなくなるようにし、収入を得ることです。

例外として配偶者がいて安定した収入があれば、融資を受けられる金融機関もあります。申し込み条件を確認しましょう。

独身で無職がキャッシングを申し込んだ場合、どんなデメリットはありますか?

独身で無職の場合は原則として融資は受けられません。

もしどこかでキャッシングができたとしても、支払い能力がないので返済が困難になっていずれ生活が行き詰まります。
そして、配偶者がいる場合と違い、審査に落ちやすいので申し込めば申し込むほど、信用情報に記録されてしまいます。

この情報は半年間は残るので短期間の申し込み件数が多ければ、
消費者金融からも警戒されてしまい、申し込みブラックになってしまいます。

こうなると余計に審査に通らなくなってしまうので、無職でキャッシングに申し込むのはほぼデメリットしかありません

申し込みブラックになったようですが、即日融資を受けられませんか?

まず個人情報信用機関に情報開示を請求して、状況を確認してください。申し込みの記録は6ヶ月間、つまり半年残ります。

この情報が消えれば審査が厳しい状態がなくなります。

中小の消費者金融の中にはわざわざブラックに優しいことをうたっているところもありますが、
高い金利だけでなく保証金を取るような違法性が高いところがあります。

そして、融資をせずに債務整理に誘導するような業者も存在します。債務整理の記録は信用情報に5年も記録が残ります。

こうした消費者金融には頼らず、申し込みの記録が消えるまで待った方が良いでしょう。
加えて以前よりも収入が増えるなど、状況が変わることで審査に通る可能性が出てきます。

金利や返済額を低く抑えるコツはありますか?

金利自体は融資額が大きいほど低くなります。しかし、生活費を借りるくらいだと、最高金利が適用されることがほとんどです。

利息は借入れ残高にかかってきて、日割り計算なので返済が長引くほど増えてしまいます。
返済額を抑えるコツは、必要な金額以上は借りないことと返済日数を短くすることです。

余裕があるときは繰り上げ返済で残高を減らすのがコツです。

短期間に返済できる見込みがあるなら、無利息期間サービスを利用して利息の支払いを抑えるという手段もあります。
どうしても返済期間が長引く場合は、金利の低い銀行カードローンを利用するのも良いでしょう。

借入の際に収入証明書の提出は一度だけですか?

勤務先が変わったり、条件や借入れ状況によっては収入証明書の提出を求められることがあります。

たとえば、収入証明書の発行日から3-5年経過した場合です。
大手消費者金融は、数年に一度は収入証明書の提出を求めてきます。

前回契約時と年収に変化がないか確認するためです。

収入が大幅に減っていたり、無職になっていると限度額の引き下げ、追加融資ができなくなるといったことがあります。
新たな借り入れ総額が一定金額を上回る場合も、提出を求められます。

貸付残高が0のまま解約せず、すぐに借りるとたいていは不要ですが、一定期間が経過していると必要になることがあります。

解約して再度利用になると、初めてのときと同様の審査が必要です。
消費者金融では50万円以上か借り入れ総額が100万円を超えると提出することになります。

銀行カードローンの場合は200~300万円を超えると収入証明書が必要です。

ギャンブルにハマっています。即日でお金を借りることはできますか?

一般的に借り入れたお金をギャンブルに使うことは禁止されています。

たとえ中小の消費者金融などで融資が受けられたとしても、高い確率で破産してしまうでしょう。
そして、ギャンブルによる破産だと自己破産もできなくなる恐れがあるでしょう。

ギャンブル、投資、詐欺と見なされる借り入れ、2度目の自己破産の場合は免責不許可事由にあたり、裁判所から免責がおりません。

生活費を用途とする場合も慢性的に家計が苦しいと見なされると、審査に通りにくくなってしまいます。

小さな消費者金融は全て違法の可能性があるのでしょうか?

小さな消費者金融でも安心して借りられるところはたくさんあります。

全国展開はしていなくても、地域に根ざした消費者金融もあり、独自のサービスを行っていることもあります。
ただし、無名であればあるほど悪質な業者を選んでしまう可能性も上がってしまうという面もあります。

まず、申し込む前にその業者の情報を検索します。口コミでトラブルが起きていないか確認したり、
公開されている住所や電話番号の情報が正しいかどうかも照合してみましょう。

電話番号が携帯電話の番号だと注意が必要です。次に貸金業登録番号や更新回数を確認します。

3年毎に更新が行われていて、カッコ内は更新の回数です。つまり、長く営業している業者ほど数字が大きくなります。
そして、日本貸金協会のホームページで検索して悪徳業者のリストに載ってないか確認することも大事です。

キャッシングに担保や保証人は必要ですか?

銀行カードローンや消費者金融、信販系などのキャッシングは担保や保証人は要りません

キャッシングの場合は保証会社が保証人の代わりになっています。

もし利用者が返済を延滞し続けたときには、保証会社が代理で残金を支払う代位弁済を行い、
それ以降は保証会社が利用者に対して取り立てを行うという仕組みです。

ほとんどの金融機関では、保証会社に支払う保証料は利息に含まれています。

即日融資をしてくれる消費者金融に「保証金を払え」と言われました。払うべきですか?

詐欺の危険性があります。キャッシングは無担保で保証人が不要なことが特徴です。

キャッシングで必要なものは本人確認書類と収入証明書で、保証金を求めることはほとんどありません。
「返済すれば保証金を返還します」と言ってくる悪徳業者もいますが、持ち逃げされると考えて良いでしょう。

保証金を要求してくる消費者金融は悪徳業者であり、詐欺の被害にあうかもしれません。

保証金が必要な時点で怪しいと考えてください。

土日や祝日でも即日融資を受けられますか?

金融機関にもよりますが、対応してくれるところを選べば受けられます。

消費者金融だと対応しているところが多くあります。
銀行カードローンの一部も土日祝日の対応をしてくれるところもあります。

ただし、受付時間や営業時間を過ぎたりカードの受け取り方法を郵送にしてしまうと、
即日融資が受けられなくなるので気をつけてください。

無人契約機で全ての手続を済ませる、インターネットで申し込みをしてカードの発行を無人契約機でする、
Web完結でカードレスで利用できる方法を選ぶといった方法で土日祝日でも、即日融資を受けられます。

振り込みの方法はATMで現金を引き出すか、24時間土日も対応している消費者金融の指定銀行口座で受け取りましょう。

他銀行の銀行振込だと振り込まれるのが翌営業日になってしまいます。

夜間に申し込んでも即日融資を受けられますか?

一部の消費者金融では可能です。

一般的に銀行カードローンも消費者金融も、申し込み自体は24時間可能なところが多くありますが、
電話確認や審査などの関係で即日融資が不可能になりやすいです。

即日融資を受けやすい無人契約機も、営業時間を過ぎてしまえば同じです。

特に在籍確認は夜遅い時間や土日に行うのは難しいので、不可能になりやすいのです。
即日融資を希望するなら、できるだけ昼間に申し込んだ方が良いでしょう。

ただ一部の消費者金融では、申し込み後に電話で相談をすると後日に在籍確認を行う代わりに
限度額を下げて融資してくれたり、電話以外の在籍確認方法を提案してくれます。

そうした消費者金融を選ぶのも選択肢のひとつです。

収入を上乗せして申し込んで良いですか?他社からの借り入れも隠して大丈夫ですか?

即日融資を受けたいなら、虚偽の申告はしないでください。

申し込みの内容と提出した収入証明書などの内容にズレがあると、正確な情報の確認をするために審査が遅れてしまいます。
電話番号や住所なども違いがあればメールや電話で確認されるので、それだけ時間がかかってしまいます。

場合によっては、融資そのものを受けられなくなってしまいます。必ず申し込みの内容と矛盾しないようにしてください。

また各金融機関は審査の際に、かならず信用情報を確認するので、
過去の支払いの延滞や踏み倒しなどの金融事故がないかなどを必ず確認されます。

他社からの借入れ状況も分かるようになっています。

このページの先頭へ